金鱗湖(きんりんこ)



出典:Wikipedia

池底から温泉と清水が湧き出ているとともに、5つの河川が流入しており、その中には約30℃の温泉水が流れる河川もある[1]。その温度差のために秋から冬にかけての早朝には池面から霧が立ち上る幻想的な光景が見られる。また、その霧が、由布院盆地名物の朝霧の源であるとも言われる。この景色はお盆に霧が乗ってるように見えることから「霧盆」と呼ばれ、湯布院を代表する風物となっている。

出典:Wikipedia

由布岳(ゆふだけ)



出典:Wikipedia

東峰と最高峰の西峰の2つのピークからなる。円錐形をしていることから、豊後富士とも称される。 由布院盆地では、各所から由布岳の独特な山容を望むことができるため、ランドマーク的な存在となっている。

出典:Wikipedia

ページトップへ